国 宝
太刀 銘 吉房(よしふさ)


一口  鎌倉時代中期
長さ71.2cm(2尺3寸5分) 反り2.65cm(9分)


 備前国・福岡一文字派の刀工の中で、最も華やかな丁子乱(ちょうじみだれ)。名工と言えば吉房、則房(のりふさ)、助真(すけざね)の三者がいる。その中でも、吉房銘の作は比較的に多いが、この吉房は特に刃文が華やかで変化がある。中心(なかご)(手で持つ部分)もほとんど生(う)ぶで、これに加えて地刃とも頗る健全である点から、作者も出来も福岡一文字を代表した優品となっている。名刀を多く所蔵した紀州家の分家である西条松平家伝来。