展覧会案内

令和2年12月5日(土)~令和3年1月31日(日) 特別展 「お守り刀特別展~願いを込めて~」

 古来、お守り刀は作刀や刀剣研磨、木工芸、金工、漆芸、組紐などの日本伝統工芸の
粋を集めて製作されてきました。このお守り刀の魅力を広く発信するため、「お守り刀
展覧会」が開催され、今年は15回目の節目の年になる予定でした。しかしながら、
100年に一度と言われる未知の感染症に世界が襲われ、4月には日本でも緊急事態
宣言が発令され、すべての社会活動が中止に追い込まれました。当初お守り刀展覧会の
中止も検討されましたが、逆にこのような時だからこそ、「魔を除け邪を祓う」という
祈りが込められたお守り刀の力で、世の中の平穏を願うべきではないかと考え、形を
変えて開催することとなりました。
 今回は、優れたお守り刀を集結し、日本だけでなく世界の禍を断ち切りたいという
願いを込めて、対象を広げ、過去に制作され、各展覧会に出品されたお守り刀も募集
対象とする特別展とし、会場に足を運んで下さる方々の健やかな人生を願う展覧会と
なることを期するものです。


◆入館料◆
 一   般 800円
 高・大学生 500円
 中学生以下 無料  
 ※お着物にてご来場の方 無料
 友の会会員・学校メンバーズ団体 300円
 ※障害者手帳提示の方・付添者 無料
 ※団体(20名様以上) 2割引


◎関連イベント
※新型コロナウイルス感染等の状況により、開催内容の変更、延期もしくは中止となる場合が
ございますので、事前に当館ホームページ等でご確認をお願いいたします。

●学芸員によるギャラリートーク
会期中毎週土曜日14時~

●刀剣職方によるリモート解説
今展覧会への出品者たちによる、工房紹介や作品解説など、
当館公式Facebookを使って発信していきます。
※動画公開については、当館FacebookやTwitterにてお知らせいたします!

★来館者が投票する市民審査員賞★
特別展入場者(小中学生の団体を除く)に投票券を配布します。
心に残った作品1点を記入し、会場内設置の投票箱に投票していただきます。
最も多くの票を獲得した作品に「市民審査員賞」を授与するとともに、
投票に参加していただいた方の中から抽選で、刀匠製作の小品をプレゼントいたします。


◎会期中の休館日は下記の通りです。
月曜日休館(祝日等休日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)

◎【臨時休館について】
「暴風警報」・「特別警報」が発令されている場合は、臨時休館とさせていただきます。
詳しくは、当館ホームページトップ画面の[利用案内]→[開館時間/入館料]へ掲載しておりますのでご覧ください。