展覧会案内

平成28年度

平成29年1月20日(金)~3月12日(日) 特別展 土佐から来たぜよ!坂本龍馬展

「坂本龍馬記念館」初の県外展!
龍馬暗殺から150年の2017年、高知県立坂本龍馬記念館の全面的なご協力のもと、
同館所蔵の龍馬に関する資料をご紹介します。

平成29年3月25日(土)~4月2日(日) 貸館 「出口王仁三郎とその一門の作品展 王仁三郎の世界-耀盌顕現-」

「色彩とリッチさ、茶盌の姿、芸と品格。天才」
(金重陶陽宅で王仁三郎の楽茶盌を初見した陶芸評論家・加藤義一郎のメモから)

貸館中は当館の収蔵品は展示しておりませんので、ご了承ください。

終了しました 平成28年10月9日(日)~11月27日(日) 貸館 岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016

9日から11月27日まで、下記の通り貸館での展覧会を開催します。
当館には、ノア・バーカー、ピエール・ユイグ、レイチェル・ローズ各氏の現代アート作品を展示します。
なお、貸館中は当館の収蔵品は展示しておりませんので、ご了承ください。

終了しました 平成28年4月12日(火)~5月15日(日) 企画展 「すみいろ -古筆・宸翰・大名の書-」

「書」とは墨と筆を用いて書かれた文字で、濃く、薄く、流麗に、あるいは力強く紙の上で様々に変化します。

終了しました 平成28年5月24日(火)~7月3日(日) 企画展 「備前と伊万里 -焼け肌と色絵の魅力-」

岡山が誇る備前焼は、12世紀の平安末期頃から現在まで焼き続けられている、釉薬を用いないやきものです。

終了しました 平成28年7月16日(土)~9月11日(日) 特別展 「すべて魅せます 備前刀 古備前派・一文字派・長船派、そして末備前」

備前国(現、岡山県)は気候や風土に恵まれ良質の鉄を産出したことから、古代から多くの名工・名刀を輩出してきました。

平成27年度

終了しました 平成28年3月5日(土)~4月3日(日) 企画展 「玉堂と文人画の世界  -春を彩る館蔵名品とともに-」

このたび当館では、平成5年以降に浦上玉堂の子孫である浦上家からご寄贈いただいておりました「浦上玉堂遺品類一式」を岡山県立美術館へ寄贈することとなりました。

終了しました 平成28年1月2日(土)~2月14日(日) 企画展 「戦陣に舞う揚羽蝶 -池田家草創期-」

「揚羽蝶」は岡山藩主池田家の家紋です。特に横を向いた「泊蝶紋」と呼ばれる蝶紋は、初代岡山藩主となる池田光政が隠居するまで使用された、池田家草創期のシンボルと言えるものです。

終了しました 平成27年10月3日(土)~11月23日(月・祝) 企画展 「漆きらめく-至高の意匠美-」

漆はしっとりとした光沢を放ち、調度品などに塗った際の肌の美しさから、古来より日本人に愛されてきました。

終了しました 平成27年7月18日(土)~9月23日(水・祝) 特別展 岡山カルチャーゾーン30周年記念 特別展「すべて魅(み)せます 平家物語絵巻」

『平家物語』は、栄華を誇った平氏一族の隆盛と、その後の源氏との争いによる没落を描いた、日本で最も親しまれている物語の一つです。